patent

「長岡和慶作」とした模倣品を販売していた京都の石材業者に対し警告をしてきましたが、満足な回答が得られ無い為 訴訟を起こし、2013年に「著作権」と「著作者人格権」の侵害が裁判所によって認められました。

日本石材工業新聞記事

長岡和慶が制作した彫刻像には、著作権の権利があります。
一部あるいは全部を複写複製(コピー)・描写・転用・データファイル化する事は、法律で認められた場合を除き、  著作者への権利を侵害することになりますので、長岡和慶に許諾を求めて下さい。
長岡和慶の作品に関して、ご不審な点は長岡和慶までご連絡下さるようお願いいたします。